ANS consultants  
  
 
 
防音壁 効果

防音壁の効果とは?

ANS防音コンサルタンツ株式会社

工場・駐車場などの屋外防音壁・屋内防音壁の設計・コンサルタント

 
防音工事・騒音対策のお問い合わせは、tel 0466-90-5816 
ans-info@ans-consul.com 
 
 
 
 
 
   防音壁詳細  
  防音壁の効果を上げる方法とは?   
   工場騒音対策とは?   
 

■ 防音壁の回折効果 計算方法

防音壁 効果 
 
グラフから防音壁の減衰量を求める場合 
防音壁 効果   防音壁 回折効果
 音源が点音源に想定できる場合の防音壁効果   音源が線音源に想定できる場合の防音壁効果
   

■ 防音壁の回折効果 計算例

防音壁の効果 計算例 平面平面図
防音壁計算例 断面
断面図

防音壁効果予測計算結果

壁高さ 仮想音源騒音レベル 受音点騒音レベル 減音効果
3m 75dB(A) 43dB(A) -15dB
4m 39dB(A) -19dB
*上記計算は参考値です。
*計算結果には暗騒音、防音壁の背後、側面の反射音は考慮しておりません
*騒音源の周波数特性、位置などにより計算結果が異なります。
*上部に吸遮音ルーバーや消音スプリッターを設置することによりさらに効果を上げることも可能です。

■ 防音壁の遮音性能の計算
 
  防音壁の効果は、防音壁を透過する音にも注意が必要となります。単一部材の遮音性能は、入射音の周波数と材料の面密度の対数に比例します。(質量則)つまり、材料の重量が増えると遮音性能があがります。しかし、質量則では、重量を2倍(同一材なら厚みを2倍)にしても6dBしか遮音量は増加しません。この質量則以上の遮音量を得るには、部材間に空気層をとった二重壁を構成することにより可能となります。
 
○質量則による防音壁遮音量の計算
垂直入射;TL0=20log10fm42.5
拡散入射;TL=TL010log10f0.23TL0
f[Hz];入射音の周波数
材料の面密度;m[kg/]
m=ρ×t ρ;密度[kg/m^3]、t;厚さ[m]

 
   
         
屋外 防音壁   屋外空調機 防音壁   屋上 防音壁騒音対策
屋上の防音壁 工事事例     空調機械 防音壁 工事事例   工場防音壁 工事事例 
 
 
 
 
 防音壁 対応地域
・青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県
・群馬県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川
・新潟県・石川県・富山県・長野県・福井県・岐阜県・山梨県
・愛知県・静岡県・京都府・滋賀県・兵庫県・大阪府・奈良県
・三重県・和歌山・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
・香川県・愛媛県・徳島県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県
・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県
 
  騒音対策・防音コンサルタント 
ANS防音コンサルタンツ株式会社 
〒251-0053 神奈川県藤沢市本町3-3-3 
防音壁効果計算・防音壁設計のお問い合わせは、tel 0466-90-5816 
ans-info@ans-consul.com 
 
 
   Copyright (C) 2019 ANS Consultants Co.,Ltd. All Rights Reserved